生駒 事故車修理.com
保険事故車専門 ガレージアップ

ガレージアップ キズヘコミから保険修理まで

CAR REPAIR FACTORY


板金 塗装 修理 車検のガレージアップ TEL072 822 3344

  1. 大阪府寝屋川市の自動車修理工場です。
    ★ 中古車・中古パーツ販売一覧  中古車、中古パーツ販売中!★  

    お車の買取致します。(無料買取査定!)

  2. WEBに特化し、国産車から外国車の板金と塗装と車検整備を格安にて致します。
  3. 修理を電話072 822 3344で簡単にお見積!車両の状態をお伝え下さい!
  4. 大きな事故は24時間レッカー車対応!お見積はいつでもOK!代車無料にて修理を致します。
  5. お車のエンジン・ミッション・機械類の修理も致します。
  6. ガラスコーティングとエアロパーツ取付、オーディオとエアロパーツを取付致します。
  7. 必要な個所のみ修理した、格安の車検を受付しています。もちろん整備も致しています。
  8. レーシングカー(NSX、GTRなど)、クラッシックカー、外国車(ベンツ、VW、BMW)の修理も致します。
  9. 保険事故取扱!保険取扱店ですので、事故車の修理等をすべて対応致します。お気軽にお問合せください。
  10. 当社は中古車の販売及び買取をしています。
    電話で簡単、無料買取査定中です
    車検証と走行距離とグレードをご確認しお気軽にご相談下さい。
    WEB広告に特化し、広告費等のコストを徹底的に削減し、高品質のサービスをガレージアップはご提供致します。
    ★【地図】当社本店の所在地はこちらでご確認ください★  

ガレージアップ キズヘコミから保険修理まで  E-mail: g-up@rf7.so-net.ne.jp
★大阪府 寝屋川市 小路南町 10-8★
TEL: 072-822-3344  FAX: 072-822-3345    担当: 上村 (090-3706-2900)

エンジンオイル交換


エンジンオイルの交換を行う場合、古いオイルの排出、新しいオイルの注入、オイル量のチェックの順で行う。古いオイルの排出には、エンジンオイルのレベルゲージより手動または電動のオイルポンプでオイルを排出する方法と、エンジン底部のオイル・パン排出口からオイルを排出する方法の2通りがある。それぞれの場合のエンジンオイル交換方法は以下の通り。
エンジン上部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
エンジンオイル・レベルゲージを抜き、その穴よりオイルポンプのチューブをオイルパン底まで差し込む。
ポンプを動かし、オイルが無くなるまで吸引する。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認する。
エンジン底部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
カーリフトで作業しやすい位置まで持ち上げる(一般に身長程度)。
オイル・パンのドレーン・プラグを外し、古いオイルを排出する。
ドレーン・プラグのガスケットを新品に交換する。
オイルの排出が終了したら、オイル・パンのドレーン・プラグを閉め、規定トルクで締付ける。
リフトを下げ、車体を下ろす。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認すると共にオイル漏れの有無を確認する。
エンジン上部からオイルを排出する場合、エンジン底部からオイルを排出する場合、いずれの場合も、エンジンオイル・フィラーキャップを先に外しているが、これは「オイルの排出は出来たが、注入が出来ない」状態を避ける為である。

ハイブリットカー


 日本ではエンジンの回転力で発電機を回して電力源としつつ、運動エネルギーを二次電池に回生し補助動力とするものが主流である。
 インドやフランスではタタ・ワンキャットのような圧縮空気と内燃機関を併用する方式がある。
 フライホイールで運動エネルギーを回生するハイブリッドシステムも存在する。
 ブラジルで普及しているバイオエタノールとガソリンの両方が使えるエンジンを搭載したフレックス燃料車と呼ばれる車がある。このほかLPG自動車・CNG自動車・水素自動車の一部にも、燃料にLPG・CNG・水素とガソリンを切り替え可能なエンジンがある。これらは燃料のハイブリッド利用が可能な内燃機関自動車である。
 自動車が普及を始めた19世紀後半においては、赤旗法による英国の蒸気自動車の開発停滞にもかかわらずガソリン自動車の性能は蒸気自動車や電気自動車に劣っていた。特に、蒸気貯めに圧力を蓄えたり鉛蓄電池に電気を蓄えたりするため始動トルクが大きく、ニードル弁や抵抗器操作で無段階変速が可能な蒸気自動車や電気自動車に比べ、ノッキングなど低速性能が悪くアクセル・クラッチ・減速ギヤないしプーリー切替の同時操作を強いられるガソリン車の操作性は劣悪であり、複雑な精密機械であるトランスミッションの故障も多かったため敬遠された。
 ガソリンエンジン車の唯一の利点である航続距離の長さを生かす手法が、内燃機関→発電器→整流器→蓄電池→電動機の電気駆動方式だった。変速機の代わりに駆動力として蓄電池を使い動力を一方的に電気エネルギーに変換して消費するもので、回生ブレーキのないシリーズハイブリッド方式のハイブリッド電気自動車である。ガソリン原動機を電力源として使う電気駆動方式は「ガス・エレクトリック」と呼ばれる。
 20世紀初頭には車輪の回転駆動に電気を使ったものがあるが、サスペンションの動きに合わせた機械式駆動系が満足に作れなかったためとはいえ不完全ながらも自動車黎明期のハイブリッドカーである。電気による駆動系としてサスペンションの動きに追随し、車軸側と一体となったモーターで車輪を回転させた。エリーカなど現代の電気自動車で見られる車輪一体型モーターの初期の形態である。
 第1次世界大戦を経て等速ジョイントなど機械駆動用の要素技術の発明と工作機械による量産技術の確立により、機械駆動系の信頼性向上とコストダウンが進展し、フォード・モデルTの登場によるガソリン車の急激な普及により、電気自動車は廃れていった。
 20世紀後半の1980年代になると導電性プラスチックポリアセチレンの発見に端を発する高性能なリチウムイオン二次電池や、小型で強力なモーターを可能にするネオジム磁石が相次いで日本で開発され、電気自動車に必要な技術が急速に発展した。その結果、エネルギー回生を含む真のハイブリッドカーが登場し、あらかじめ充電しておくプラグインハイブリッドを経由して内燃機関自動車から電気自動車に向かう技術革新の流れが起きている。
 発電用動力にガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ガスタービンエンジンを使用するもの(主にシリーズハイブリッド)が実用化されている。
 燃料電池車は回生ブレーキによる電力回収部分も含め全て燃料電池単独で発電した電力をやりくりしているためエネルギー源が燃料電池のみでありハイブリッドカーではないが、燃料電池とハイブリッドシステムを組み合わせることで価格を抑えたハイブリッド燃料電池自動車が開発されている。 [1]。
 ハイブリッド車の併用動力として二次電池以外にキャパシタ(コンデンサ)や圧縮空気、フライホイールなどが試行されているが、エネルギー蓄積量、稼働時間、制御性、コストの面から、二次電池が多く用いられている。二次電池は長時間安定した出力を確保できるが、その分充放電の反応が遅いため、短時間の高出力が求められる重機用として大電流を流す事が可能なキャパシタも利用されている。
 自動車と鉄道の中間形態として架線式電気自動車(無軌条電車、トロリーバス)とハイブリッドバスの利点を合わせた架線式ハイブリッドトロリーバスなどがある。(詳細:トロリーバス参照)

エンジンにおけるシリンダー


初期のエンジンにおけるシリンダーはエンジンにおいて最大の部品だった。ピストンがもたらす摩擦を如何に軽減するかについて様々な実験が行われた。蒸気エンジンでは発生する水分が減摩材として作用する為、潤滑機構は無いか、あっても簡単なものであった。
外燃機関のシリンダーは、燃焼室が無い為対称的な構造をもつ。作動流体の熱エネルギーを膨張によって運動エネルギーに変換しピストンに伝達する。シリンダー内側は滑らかな場合が多く、ピストンにはガスケットが取り付けられ二つの部屋を分離密閉している。ピストンの運動は直線の往復運動の形で取り出され、外部のクランクによって回転エネルギーに変換している。シリンダーは付属するスライドバルブによって吸気排気が切り替えられ、一往復で2回運動エネルギーを取り出すことができる。主に蒸気機関に用いられた。スターリングエンジンのようにシリンダーが熱交換器として作用するものもある
内燃機関のシリンダーは外燃機関の機能を踏襲しており、基本的な構造や役目は外燃機関と似ているが、複雑になった。 一端はピストン・シリンダーヘッドと共に燃焼室を形成し、その密閉された容積により燃料と空気(混合気)を圧縮する。 圧縮された混合気は点火され、爆発燃焼する。燃焼して生じた燃焼ガスが持つ熱エネルギーによる膨張をピストンで受け運動エネルギーに変換する。 燃焼室の反対側ではピストンの運動をコネクティングロッド(コンロッド)・クランクシャフトにより回転エネルギーとして取り出す為の開口部となる。 水冷エンジンにおいては外壁または二重構造による中空部でウオータージャケットを形成して冷却を行う。 2ストローク機関ではシリンダーに開けられた穴・インテークポートとエキゾーストポートにより掃気が行われる。 シリンダー内側はホーニング加工されており、クランク側から供給される潤滑油を保持しピストンが滑らかに動くよう潤滑する。ピストンには複数のピストンリングが取り付けられ気密を保ち、シリンダー壁面の油膜を最適に保つ。
ピストンと共にエンジンの中枢部を構成する。
ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンのシリンダーはかつては単体の部品で、鋳鉄製の筒が一般的であった。現在の主力は摺動部の耐磨耗性の観点からシリンダーライナーを導入しシリンダーブロック(シリンダージャケット)に圧入もしくは鋳造時に鋳込んで用いるもの。シリンダーをシリンダーブロックと共に一体鋳造とした方式が普及しつつある。これに対してライナーを導入しない方式はライナーレスエンジンと呼ばれるが、シリンダー内壁にニッケルシリコン合金(Nikasil:ニカシルorニカジル(商標))に代表される金属酸化物添加合金をめっき(溶射)するもので、1967年NSU・Ro80に使用され、ポルシェが1970年にレースカー(ポルシェ・917)に採用したのをはじめ、主にハイエンド仕様やレース仕様の車や小型車、バイクを中心に普及した。ライナーレス仕様は軽量で放熱性に優れ、ピストンリングと親和性が高いのが特徴。またピストンもシリンダーも同じアルミニウム合金で作る事ができるため、熱膨張してもクリアランスが保たれエンジン出力の向上に寄与する。溶射部分の耐久性は鋳鉄と同等以上であり、表面にほどこされたホーニング加工をエンジン寿命の終期まで保ち続ける。一方量産性と溶射加工時のスループットが長いことから加工コストが高くなる。
部品点数の削減と剛性の向上を図るため、クランクアッパーケースとシリンダーブロックを一体鋳造したエンジンもあり、3ピースエンジン等と呼ばれる。
ヤマハ発動機はライナーレス方式を発展させ、シリンダーブロック全体をアルミニウム・シリコン合金でつくり、メッキさえも不要としたDiASil(ダイアジル)シリンダーを開発した[1]。この方式によればメッキ方式に見られるスループットの問題は改善されるが、硬度が高く鋳造後の加工が困難となるのが欠点である。
船舶用エンジンはシリンダー・ピストンが巨大であり、大量の空気を充填し、きわめて長くて太いシリンダーで効率的に大きな出力を獲得できるよう工夫してある。

取扱説明書・工具についての解説


整備解説書
整備を行う際に参照すべき教科書。各部品の交換方法や交換手順の他に、ボルトなどの締付けトルク、使用すべき油脂の種類と量、交換や点検サイクルなどが記載されている。整備解説書に従い作業を行う。
パーツリスト
部品を交換する際に参照する資料。部品ごとのパーツナンバーが記載されている。
ドライバー、レンチ等の各種工具
一般的な工具以外に、その車種専用の工具や、その部位専用の工具もある。
ジャッキ、ジャッキスタンド、車止め等、車両を持ち上げ保持する機材
車両の下で作業する場合、ジャッキのみで車両を持ち上げておく事は、非常に危険であり、必ずジャッキスタンドを使用すべきである。
ドレインパン等の排出した油脂類の受皿
排出した油脂を地面に垂れ流さないと言う目的以外に、油脂の状態の確認、異物が混入していないかの確認の為に使用する。
エアゲージ、すき間ゲージ(シックネスゲージ)等の測定具
整備解説書の指示に従い、必要な値に設定する為に必要。
ワイヤーブラシ、ブレーキパーツクリーナー、ウェス等の清掃用具
分解組立時の清掃に使用する。

オートマチックトランスミッション


オートマチックトランスミッションは精密なオイル制御を行っている事から、専門の工場以外でATフルード(ATF)全量を一度に交換する事は難しい。専門の工場以外で交換する場合は、ATFレベルゲージからATFを排出する方法と、ATF排出口よりATFを排出する方法がある。
ATFレベルゲージよりATFを排出する方法
ミッションオイルのレベルゲージを抜き、その穴よりオイルポンプのチューブを差し込む。
排出できる量だけ排出する。
排出した量と同量のミッションオイルを注入する。
一定距離を走行し、ATFのレベルをチェックする。
ATF排出口よりATFを排出する方法
車体をジャッキアップし、ジャッキスタンドで保持する。
ATF排出口のドレインプラグを外しATFを排出する。
ATFが排出されたらドレインプラグを閉め、車体を下ろす。
排出された量と同じ量のATFを、ATFをレベルゲージ穴から注入する。
一定距離を走行し、ATFのレベルをチェックする。
なお、上記方法でのATF排出率は、全量の45%?50%と言われており、上記作業を複数回繰り返すのが望ましい。

車検、修理  滋賀県(近江八幡市・彦根市・米原市・長浜市)
事故車修理 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
トラック買取と販売のトラック123 豊中市
堺市・和泉市・高石市 レクサス修理工場
コストを削減したWEB専門の激安トラック販売とトラック架装・整備の大阪トラック買取直販センター 田辺市・新宮市・串本町・白浜町(和歌山県)
事故車、不動車の修理 クルマ修理 ガレージアップ
クルマのブレーキ修理 守口市・門真市(大阪)
自動車リサイクルパーツの取付と販売 クルマ専門 ガレージアップ
クルマの板金塗装修理 泉大津市・岸和田市(大阪)
ミッションオーバーホール 大阪府・兵庫県・京都府・奈良県
クルマの保険事故修理 河内長野市・大阪狭山市(大阪府)
中古トラック販売とトラック架装・整備情報とトラック各種を高価買取!TRUCK123 コボレーン・フェンダー・バンパー・パワーゲート
神戸 トラック架装
車のペイントシーラント 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
大阪市(阿倍野区・生野区・住吉区・城東区) 町の自動車修理店情報
中古トラック販売とトラック架装・整備の情報!健康第一!TRUCK123 新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県
クルマのオイル・エレメント交換 豊中市・池田市(大阪府)
10tトラック買取と販売のトラック123 近畿地域
トラック販売とトラック架装・整備情報発信 簡単検索!TRUCK123  福井県(高浜町・小浜市・若狭町・美浜町)
近畿 トラック買取情報
中古トラック激安販売とトラック架装・整備・車検(web専門店) 名古屋市・豊田市・岡崎市・豊橋市・新城市
関西 保険事故車専門 ガレージアップ
大阪市 中古トラックweb専門店の買取と販売
ラリー車製作、修理 新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県
奈良地域(奈良・天理・生駒・香芝・五條) 自動車激安修理
キズヘコミ修理 スズキ(SUZUKI)
4tトラック買取と販売のトラック123 東大阪市
ジムカーナ車製作、修理 堺市・和泉市・高石市
守口 高価買取!激安販売!電話で簡単に無料買取査定
中古トラック販売とトラック架装・整備の情報!健康第一!TRUCK123 坂井市・あらわ市・勝山市・大野市(福井県)