東大阪 事故車修理.com
アウディ修理工場

大阪板金塗装 ガレージアップ

CAR REPAIR FACTORY


板金 塗装 修理 車検のガレージアップ TEL072 822 3344

  1. 大阪府寝屋川市にある四条畷、寝屋川、枚方、門真地域の自動車修理工場です。
    ★ 中古車・中古パーツ販売一覧  中古車、中古パーツも販売中!★  

    お車の買取致します。(無料買取査定!)

  2. WEBに特化し、大型車から軽自動車までの板金と塗装と車検整備を格安にて致します。
  3. 修理を電話072 822 3344で簡単にお見積!車両の状態をお伝え下さい!
  4. 大きな事故は24時間レッカー車対応!お見積はいつでもOK!代車無料にて修理を致します。
  5. お車のエンジン・ミッション・機械類の修理も致します。
  6. ガラスコーティングとエアロパーツ取付、オーディオとエアロパーツを取付致します。
  7. 必要な個所のみ修理した、格安の車検を受付しています。もちろん整備も致しています。
  8. レーシングカー(NSX、レクサス等)、クラッシックカー、外国車(ベンツ、BMW、ワーゲン)の修理も致します。
  9. 保険事故取扱!保険取扱店ですので、事故車の修理等をすべて対応致します。お気軽にお問合せください。
  10. 当社は中古車の販売及び買取をしています。
    電話で簡単、無料買取査定中です
    車検証と走行距離とグレードをご確認しお気軽にご相談下さい。
    WEB広告に特化し、広告費等のコストを徹底的に削減し、高品質のサービスをガレージアップはご提供致します。
    ★【地図】当社本店の所在地はこちらでご確認ください★  

大阪板金塗装 ガレージアップ  E-mail: g-up@rf7.so-net.ne.jp
★〒572-0866 寝屋川市小路南町10-8★
TEL: 072-822-3344  FAX: 072-822-3345    担当: 上村 (090-3706-2900)

点火プラグ(てんかプラグ)


点火プラグ(てんかプラグ)とは、電気的に火花を出す(スパークさせる)ことにより燃料(または燃料を含む混合気)に着火させる役割を担う電気的な装置である。スパークプラグ (Spark plug) の日本語訳。内燃機関(エンジン)のうち、スパーク・イグニッション・エンジン(火花点火機関)と呼ばれるエンジンでは、シリンダーヘッド中に置かれ、電気放電によって点火させることにより、燃焼サイクルのきっかけを作る。点火プラグは、内燃機関以外でも、暖房器具などの燃焼器具類でも、混合気に点火するために使用される。この場合は、イグナイター (igniter)、フレーム・イグナイター (flame igniter) とも呼ばれる。エンジンでは、毎分数百から数千回の点火がおこなわれる一方、暖房装置などでは燃焼開始時の1回のみの動作となる。いずれも「プラグ」と略してよばれることがある。第二次世界大戦以前や戦後まもなくまではSpark plugの日本語直訳である点火栓という呼ばれ方がされていた時期もあった。
点火プラグにはプラグコードと呼ばれる絶縁されたワイヤーによって、外部の点火コイルかマグネトー回路に接続される中心電極があり、点火プラグのシェル側に設けられた接地電極(若しくは側方電極)がアースを形成する事で点火装置として成立している。
内燃機関の内、ディーゼルエンジンはピストンで圧縮され高温高圧となった空気に直接燃料を噴射して燃焼を促す圧縮点火機関に属する為、点火プラグは用いられない。しかし、ディーゼルエンジンの場合でも冷間始動特性を改善する為にグロープラグを用いる事がある。

セルモーター


セルモーターは、自動車やオートバイ、非常用発電機などで使われているエンジンを始動させるためのモーター(電動機)である。
セルモーター(cell motor)とは和製英語であるが、その語源はバッテリー(電池)を意味するセル(cell)に由来するという説と、セルフスターターモーター(self starter motor)の略であるという説がある。 このほか、スターターモーター、あるいは単にスターターともいう。(英語本来の名称としてはこちらの方が一般的である。)
自動車用セルモーターは大きく分けて直結式とトルクリダクション式の二種類に分類できる。
前者はモーターから出力された回転が、そのままピニオンギアに伝達されるタイプのもので、主にオートバイや軽自動車などのクランキングに必要な力の小さい車両や、普通車のマニュアルトランスミッション車などのフライホイールに付加される部品が少なく、リングギアに掛かる荷重が小さい車両に多く用いられる。
後者はモーターから出力された回転が遊星ギアを介して減速され、トルクが増大されてピニオンギアに伝達されるタイプのもので、トラック等の大型車両やディーゼルエンジン車などのクランキングに必要な力の大きい車両や、普通車のオートマチックトランスミッション車などフライホイールに付加されるトルクコンバーター等の部品重量が重く、リングギアに掛かる荷重が大きい車両に多く用いられる。
通常、直結式セルモーターを使用している車体でもチューニングによって圧縮比を高めた場合や排気量アップを行った場合には、クランキングに必要な力が増大する為、同一車種のリダクションセルモーターに交換し、始動性を高める改造が実施される事もある。

エンジンオイル交換


エンジンオイルの交換を行う場合、古いオイルの排出、新しいオイルの注入、オイル量のチェックの順で行う。古いオイルの排出には、エンジンオイルのレベルゲージより手動または電動のオイルポンプでオイルを排出する方法と、エンジン底部のオイル・パン排出口からオイルを排出する方法の2通りがある。それぞれの場合のエンジンオイル交換方法は以下の通り。
エンジン上部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
エンジンオイル・レベルゲージを抜き、その穴よりオイルポンプのチューブをオイルパン底まで差し込む。
ポンプを動かし、オイルが無くなるまで吸引する。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認する。
エンジン底部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
カーリフトで作業しやすい位置まで持ち上げる(一般に身長程度)。
オイル・パンのドレーン・プラグを外し、古いオイルを排出する。
ドレーン・プラグのガスケットを新品に交換する。
オイルの排出が終了したら、オイル・パンのドレーン・プラグを閉め、規定トルクで締付ける。
リフトを下げ、車体を下ろす。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認すると共にオイル漏れの有無を確認する。
エンジン上部からオイルを排出する場合、エンジン底部からオイルを排出する場合、いずれの場合も、エンジンオイル・フィラーキャップを先に外しているが、これは「オイルの排出は出来たが、注入が出来ない」状態を避ける為である。

内燃機関と呼ばれるエンジン


内燃機関と呼ばれるエンジンは、ピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力するレシプロエンジンが一般的で、サバテサイクルを使うディーゼルエンジン、オットーサイクルを使うガソリンエンジンがあり、それぞれに4サイクルと2サイクルがある。
レシプロエンジン
レシプロエンジンは、シリンダー配置やクランクピン形状により、直列(インライン)、V型、対向式、V型派生のW型などに分類される。戦前のディーゼルエンジンには、ひとつのシリンダーに2つのピストンが向き合い、シリンダーヘッドを持たない、真のボクサーエンジンである、垂直対向式もあった。
ロータリーエンジン
レシプロ以外では、世界で唯一、「マツダ」のみが生産している、繭形のハウジングと、その内部で遊星運動をする、三角形のローターで構成される、ロータリーエンジンが知られている。
ガスタービンエンジン
連続燃焼サイクルのガスタービンエンジンは、レーシングカーやレコードブレーカー、少数の試作車を除き[1]、実用化されていない。もっとも広義の自動車という意味では、戦車などの軍用車両分野ではアメリカのM1戦車など一部で実用化されている。
噴射式エンジン
近年の最高速度記録挑戦用の車両では、ジェットエンジンやロケットエンジンにより直接車体を推進させる方式が採られている。ブレーキングもパラシュートにより行われるため、これらは自動車というより地上を走る航空機やロケットと言って良く、車輪はもはや「自動車である」事を示すための足枷に過ぎないと言っても過言ではない。

冷却水交換


現在の多くの市販車では、通常LLCと呼ばれる防錆剤を含む不凍液を注入されているため、交換頻度は低い。ただし、それは定期的交換を否定するものではなく、むしろ防錆剤の効果が切れる頃(3年とも5年とも言われていて、メーカーによって様々であるが)の定期的な交換を必要とするものである。尚、LLCには大別して「赤」と「緑」があり、トヨタでは赤、日産では緑が新車時に注入されている。また外車では「青」もある(補充時には、同色系を補充するとされている)。当然、車種によって構造等の違いから手順は様々であるが、概ね次の通りである。
ラジエターキャップと下部のドレンプラグを外し、中に入っている冷却水を抜く。(温暖時は、冷却水が噴き出すため、ラジエーターキャップの取り外し時に布をかぶせるなどの注意が必要。)
(指定されている車種では)ラジエターホース、ヒーターホース等を外し、溜まっている冷却水を抜く。
清涼な水でラジエター内、シリンダーブロック等を洗浄する。
ホース、ドレンプラグを元に戻し、適正な濃度に調整された不凍液を規定まで入れる。(日本国内の寒冷地仕様では濃度約50%・凍結温度-35℃くらいに調整する。 関東以南では、適切な量水を足し薄めて良い)
エンジンを始動し、ヒーターの調整レバーを最高温度にして、サーモスタットが開いて冷却水が完全に循環するまで、適時冷却水の量を確認しながら暖気する。場合によっては、ラジエター等に風が当たらないように適切な処置をする。
完全に循環し、中の空気が逃げたのを確認してから、冷却水を更にラジエターいっぱいまで足し、ラジエターキャップを閉める。
リザーブタンクの規定量まで冷却水を足す。

中古トラック激安販売とトラック架装・整備・車検(web専門店) 寝屋川市・四条畷市(大阪府)
WEB専門のトラック123 激安中古トラック販売とトラック架装・整備!無料買取査定! 愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
代車無料 高槻市・茨木市
中古トラック販売とトラック架装・整備情報とトラック各種を高価買取!TRUCK123 愛知県(一宮市・稲沢市・愛西市・蟹江市)
大阪市(西区・北区・中央区・旭区・浪速区) 町の自動車修理店情報
吹田 中古トラック販売情報!高価買取!
クルマの板金塗装修理 大阪府・兵庫県・京都府・奈良県
自動車中古パーツ販売と取付      京都府(南丹市・京都市・亀岡市・向日市)
車の塗装 大阪市(住之江区・此花区・西淀川区・福島区)
10tトラック買取と販売のトラック123 茨木市
トラック買取直販センターのトラック123 北河内
大東市・東大阪市 クルマの塗装修理
クレーン買取と販売のトラック123 尼崎市
寝屋川市・四条畷市 クルマの塗装修理
松原市・藤井寺市 クルマのサスペンション交換修理
中古ユンボ買取と販売のトラック123 岸和田市
ダンプ買取と販売のトラック123 門真市
ウエットスーツオーダー販売 関西(大阪・京都・奈良・和歌山・兵庫)
豊中市・池田市 外国車修理工場
大阪市 中古トラックweb専門店の買取と販売
クルマのエアコン修理 兵庫県(伊丹市・尼崎市・宝塚市・川西市)
トラックの買取・販売とトラック架装・整備・車検情報!簡単に買取査定中! 大阪市(住之江区・此花区・西淀川区・福島区)
東大阪 トラックの買取・販売情報!自宅の電話で簡単買取査定中!
トラック買取と販売のトラック123 京都府
茨木 キャンター買取情報
高槻 貨物・輸送・運輸の中古 トラック 買取・販売
・東大阪市 中古トラック販売
クルマのオートマ修理 トヨタ(TOYOTA)
特殊車両買取と販売のトラック123 池田市
中古トラック販売とトラック架装・整備の情報!健康第一!TRUCK123 三重県(伊勢市・鳥羽市・志摩市・熊野市)