兵庫 事故車修理.com
トラック修理・車検

ガレージアップ キズヘコミから保険修理まで

CAR REPAIR FACTORY


板金 塗装 修理 車検のガレージアップ TEL072 822 3344

  1. 北河内地域エリア範囲の大阪府寝屋川市の自動車修理工場です。
    ★ 中古車・中古パーツ販売一覧  中古車、中古パーツも販売中!★  

    お車の買取致します。(無料買取査定!)

  2. WEBに特化し、あらゆる車の板金と塗装と車検整備を格安にて致します。
  3. 修理を電話072 822 3344で簡単にお見積!車両の状態をお伝え下さい!
  4. 大きな事故は24時間レッカー車対応!お見積はいつでもOK!代車無料にてお預かりの車の修理を致します。
  5. お車のエンジン・ミッション・機械類の修理も致します。
  6. ガラスコーティングとエアロパーツ取付、オーディオとエアロパーツを取付致します。
  7. 必要な個所のみ修理した、格安の車検を受付しています。もちろん整備も致しています。
  8. レーシングカー(NSX、レクサス、GTR、S2000)、クラッシックカー、外国車(ベンツ、BMW、VW)の修理も致します。
  9. 保険事故取扱!保険取扱店ですので、事故車の修理等をすべて対応致します。お気軽にお問合せください。
  10. 当社は中古車の販売及び買取をしています。
    電話で簡単、無料買取査定中です
    車検証と走行距離とグレードをご確認しお気軽にご相談下さい。
    WEB広告に特化し、広告費等のコストを徹底的に削減し、高品質のサービスをガレージアップはご提供致します。
    ★【地図】当社本店の所在地はこちらでご確認ください★  

ガレージアップ キズヘコミから保険修理まで  E-mail: g-up@rf7.so-net.ne.jp
★大阪府 寝屋川市 小路南町 10-8★
TEL: 072-822-3344  FAX: 072-822-3345    担当: 上村 (090-3706-2900)

タイヤ交換


タイヤの交換には、以下の工程が必要となる。
ホイールを車体から取り外す。
ホイールのタイヤを外す。
ホイールにタイヤを取り付ける。
ホイールを車体に取り付ける。
一般的に、2、3の工程に付いては、専門店に任せる事が多く、専門店でも専用の機械を使う為、人力でタイヤの交換作業を行う事は少ない。現在の乗用車用タイヤは、チューブレスタイヤが多く、その場合、ビート部とホイールが強固に密着しており、人力での交換作業は困難な事が多い。また、タイヤ交換後のホイールバランスを取るにも専用の機械を使用する事がほとんどである。ただし、軍用車などの特殊な構造のホイールや、トラックなどの大型車両のタイヤは、この限りでは無い。 一般的な、チューブレスタイヤの交換方法は、以下のようになる。
ホイールを車体から取り外す。
ホイールを取り付けているナットを緩める。
車止めをセットし、ジャッキで車体を持ち上げ、ジャッキスタンドで保持する。
ホイールを取り付けているナットを取り外す。
ホイールを取り外す。
ホイールのタイヤを外す。
タイヤの空気を抜く。
ホイールとタイヤの間にタイヤレバーを差し込み、タイヤのビート部を外す。タイヤレバーで外せないような場合は、L字鋼材をタイヤとホイールの間に差し込みハンマーで叩くなどの作業を行う。
ホイールにタイヤを取り付ける。
タイヤのビート部にワックスまたはパウダーを塗る。
タイヤを外すのと逆の手順で、ホイールにタイヤを取り付ける。
タイヤに規定量の空気を入れる。
一定時間放置し、空気漏れが無いか確認する。
ホイールを車体に取り付ける。
ホイールを固定するボルトにグリスなどを塗る。
ホイールを取り付け、手でナットを締める。
車体を下ろし、規定トルクでナットを締める。

エンジンにおけるシリンダー


初期のエンジンにおけるシリンダーはエンジンにおいて最大の部品だった。ピストンがもたらす摩擦を如何に軽減するかについて様々な実験が行われた。蒸気エンジンでは発生する水分が減摩材として作用する為、潤滑機構は無いか、あっても簡単なものであった。
外燃機関のシリンダーは、燃焼室が無い為対称的な構造をもつ。作動流体の熱エネルギーを膨張によって運動エネルギーに変換しピストンに伝達する。シリンダー内側は滑らかな場合が多く、ピストンにはガスケットが取り付けられ二つの部屋を分離密閉している。ピストンの運動は直線の往復運動の形で取り出され、外部のクランクによって回転エネルギーに変換している。シリンダーは付属するスライドバルブによって吸気排気が切り替えられ、一往復で2回運動エネルギーを取り出すことができる。主に蒸気機関に用いられた。スターリングエンジンのようにシリンダーが熱交換器として作用するものもある
内燃機関のシリンダーは外燃機関の機能を踏襲しており、基本的な構造や役目は外燃機関と似ているが、複雑になった。 一端はピストン・シリンダーヘッドと共に燃焼室を形成し、その密閉された容積により燃料と空気(混合気)を圧縮する。 圧縮された混合気は点火され、爆発燃焼する。燃焼して生じた燃焼ガスが持つ熱エネルギーによる膨張をピストンで受け運動エネルギーに変換する。 燃焼室の反対側ではピストンの運動をコネクティングロッド(コンロッド)・クランクシャフトにより回転エネルギーとして取り出す為の開口部となる。 水冷エンジンにおいては外壁または二重構造による中空部でウオータージャケットを形成して冷却を行う。 2ストローク機関ではシリンダーに開けられた穴・インテークポートとエキゾーストポートにより掃気が行われる。 シリンダー内側はホーニング加工されており、クランク側から供給される潤滑油を保持しピストンが滑らかに動くよう潤滑する。ピストンには複数のピストンリングが取り付けられ気密を保ち、シリンダー壁面の油膜を最適に保つ。
ピストンと共にエンジンの中枢部を構成する。
ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンのシリンダーはかつては単体の部品で、鋳鉄製の筒が一般的であった。現在の主力は摺動部の耐磨耗性の観点からシリンダーライナーを導入しシリンダーブロック(シリンダージャケット)に圧入もしくは鋳造時に鋳込んで用いるもの。シリンダーをシリンダーブロックと共に一体鋳造とした方式が普及しつつある。これに対してライナーを導入しない方式はライナーレスエンジンと呼ばれるが、シリンダー内壁にニッケルシリコン合金(Nikasil:ニカシルorニカジル(商標))に代表される金属酸化物添加合金をめっき(溶射)するもので、1967年NSU・Ro80に使用され、ポルシェが1970年にレースカー(ポルシェ・917)に採用したのをはじめ、主にハイエンド仕様やレース仕様の車や小型車、バイクを中心に普及した。ライナーレス仕様は軽量で放熱性に優れ、ピストンリングと親和性が高いのが特徴。またピストンもシリンダーも同じアルミニウム合金で作る事ができるため、熱膨張してもクリアランスが保たれエンジン出力の向上に寄与する。溶射部分の耐久性は鋳鉄と同等以上であり、表面にほどこされたホーニング加工をエンジン寿命の終期まで保ち続ける。一方量産性と溶射加工時のスループットが長いことから加工コストが高くなる。
部品点数の削減と剛性の向上を図るため、クランクアッパーケースとシリンダーブロックを一体鋳造したエンジンもあり、3ピースエンジン等と呼ばれる。
ヤマハ発動機はライナーレス方式を発展させ、シリンダーブロック全体をアルミニウム・シリコン合金でつくり、メッキさえも不要としたDiASil(ダイアジル)シリンダーを開発した[1]。この方式によればメッキ方式に見られるスループットの問題は改善されるが、硬度が高く鋳造後の加工が困難となるのが欠点である。
船舶用エンジンはシリンダー・ピストンが巨大であり、大量の空気を充填し、きわめて長くて太いシリンダーで効率的に大きな出力を獲得できるよう工夫してある。

内燃機関と呼ばれるエンジン


内燃機関と呼ばれるエンジンは、ピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力するレシプロエンジンが一般的で、サバテサイクルを使うディーゼルエンジン、オットーサイクルを使うガソリンエンジンがあり、それぞれに4サイクルと2サイクルがある。
レシプロエンジン
レシプロエンジンは、シリンダー配置やクランクピン形状により、直列(インライン)、V型、対向式、V型派生のW型などに分類される。戦前のディーゼルエンジンには、ひとつのシリンダーに2つのピストンが向き合い、シリンダーヘッドを持たない、真のボクサーエンジンである、垂直対向式もあった。
ロータリーエンジン
レシプロ以外では、世界で唯一、「マツダ」のみが生産している、繭形のハウジングと、その内部で遊星運動をする、三角形のローターで構成される、ロータリーエンジンが知られている。
ガスタービンエンジン
連続燃焼サイクルのガスタービンエンジンは、レーシングカーやレコードブレーカー、少数の試作車を除き[1]、実用化されていない。もっとも広義の自動車という意味では、戦車などの軍用車両分野ではアメリカのM1戦車など一部で実用化されている。
噴射式エンジン
近年の最高速度記録挑戦用の車両では、ジェットエンジンやロケットエンジンにより直接車体を推進させる方式が採られている。ブレーキングもパラシュートにより行われるため、これらは自動車というより地上を走る航空機やロケットと言って良く、車輪はもはや「自動車である」事を示すための足枷に過ぎないと言っても過言ではない。

ブレーキパッド交換

ブレーキパッドの交換は、ブレーキの構造により作業手順が異なる。
対向ピストン方式のディスクブレーキの場合
タイヤを取り付けているナットを緩める。
車止めをかけて、ジャッキで車体を持ち上げ、ジャッキスタンドで車体を保持する。
タイヤを取り付けているナットを外し、タイヤを取り外す。取り外したタイヤは、車体下に置き、万一車体が落下した場合に備える。
ブレーキパッドを押さえているピンまたはボルトを外す。
ブレーキパッドを押さえている金具を外す。
ブレーキフルードの油量を確認する。多ければあふれる場合がある。
ブレーキパッドを押して、ブレーキピストンをゆっくり押し戻す。
ブレーキパッドを取り外す。
新しいブレーキパッドを取り付ける。
ブレーキパッドを押さえている金具を取り付ける。
ブレーキパッドを押さえているピンまたはボルトを取り付ける。
タイヤを取り付け、ナットを締める。
車体を下ろし、規定トルクでタイヤを取り付けているナットを締める。
ブレーキフルードの油量を確認し、ブレーキペダルを踏み代が出まで数回踏み、再度油量を確認する。
低速で走行し、ブレーキが効くか、異音がしないかを確かめる。

取扱説明書・工具についての解説


整備解説書
整備を行う際に参照すべき教科書。各部品の交換方法や交換手順の他に、ボルトなどの締付けトルク、使用すべき油脂の種類と量、交換や点検サイクルなどが記載されている。整備解説書に従い作業を行う。
パーツリスト
部品を交換する際に参照する資料。部品ごとのパーツナンバーが記載されている。
ドライバー、レンチ等の各種工具
一般的な工具以外に、その車種専用の工具や、その部位専用の工具もある。
ジャッキ、ジャッキスタンド、車止め等、車両を持ち上げ保持する機材
車両の下で作業する場合、ジャッキのみで車両を持ち上げておく事は、非常に危険であり、必ずジャッキスタンドを使用すべきである。
ドレインパン等の排出した油脂類の受皿
排出した油脂を地面に垂れ流さないと言う目的以外に、油脂の状態の確認、異物が混入していないかの確認の為に使用する。
エアゲージ、すき間ゲージ(シックネスゲージ)等の測定具
整備解説書の指示に従い、必要な値に設定する為に必要。
ワイヤーブラシ、ブレーキパーツクリーナー、ウェス等の清掃用具
分解組立時の清掃に使用する。

ダンプ・アームロール・クレーン・トラック各種の買取販売とトラック架装・整備!無料買取査定! 徳島県・香川県・愛媛県・高知県
クルマの保険事故修理 京丹後市・舞鶴市・福知山市・綾部市(京都府)
兵庫地域(神戸・宝塚・伊丹・姫路) クルマの保険事故修理
トラック買取直販センターのトラック123 堺市
中古トラック激安販売とトラック架装・整備・車検(web専門店) 鳥取県・徳島県・岡山県・広島県・山口県
中古トラック激安販売とトラック架装・整備・車検(web専門店) 生駒市・奈良市・大和郡山市・天理市
平ボディ買取と販売のトラック123 岸和田市
平ボディ買取と販売のトラック123 北河内
4tトラック買取と販売のトラック123 東大阪市
ダートラ車製作、修理 豊岡市・養父市・丹波市・篠山市(兵庫県)
ユーザー車検代行 保険事故車専門 ガレージアップ
寝屋川市・四条畷市 クルマのパワステ修理
福祉車輌の板金塗装 豊岡市・養父市・丹波市・篠山市(兵庫県)
トラックの中古販売とトラック架装・整備情報、トラックに関する基礎知識 ミキサー・パッカー・アームロール
中古トラック販売情報とトラック架装・整備!トラック買取中! 枚方市・交野市(大阪府)
くるまリサイクルパーツの販売と取付 堺市・和泉市・高石市
トラックの中古販売とトラック架装・整備情報、トラックに関する基礎知識 兵庫県(三田市・三木市・加東市・小野市)
奈良 外国車修理工場
車のペイントシーラント 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
大阪市 トラック買取販売 web専門 激安販売
兵庫県(西宮市・神戸市・芦屋市・宝塚市) 自動車板金塗装.Com
大阪市(東淀川区・鶴見区・都島区・東成区) 中古トラック販売
中古トラック販売とトラック架装・整備の情報!健康第一!TRUCK123 大阪府・兵庫県・京都府・奈良県
車中古パーツ販売と取付 寝屋川市・四条畷市(大阪府)
大阪市(西区・北区・中央区・旭区・浪速区) クルマのクラッチ交換修理
大阪市(西区・北区・中央区・旭区・浪速区) クルマのセルモター修理
京丹後市・舞鶴市・福知山市・綾部市(京都府) クルマの保険事故修理
関西 ユニック買取情報
クルマのエアコン修理 保険事故車専門 ガレージアップ
車検、修理  大阪市(天王寺区・平野区・大正区・港区)